インテグレートグレイシィ モイストクリームファンデーションの色の選び方。口コミ


スポンサーリンク


初めてのクリームファンデーションに挑戦!どんなものがいいかな?とネット上を探していたら、ありました。インテグレートグレイシィのモイストクリームファンデーション。Amazonでもクリームファンデーション部門の1位になっていますね!!
アラサーの私と50代の母が使用してみました。

今はピンクオークルとオークル10が人気で在庫がないようですね。

店頭で私はピンクオークルとその後にオークル20を買い足しました。その訳は・・・?

レビューしながらお伝えしていきますね!

■インテグレートグレイシィ モイストクリームファンデーション

最初に買ったピンクオークル10。
小さめの容器に入っています。

インテグレートグレイシィのモイストクリームファンデーションには4つの色タイプがあります。
ピンクオークル、オークル10、オークル20、オークル30です。数字が高いほど色が濃くなっていきます。
標準として、オークル20が「自然な肌色」という表記になっています。

手に取った感じはトロっとした感触。肌に伸ばすとするすると伸びる伸びる!!簡単に肌に馴染んでいきます。見た感じはファンデーションを塗ったように見えないのに、肌のアラが隠れてくれる。くすみや赤みも少量のファンデーションで綺麗に隠れてくれます。「厚塗り感ゼロ」とはまさにこれ。

しばらく外出してみてもそんなに崩れることもなく、肌に密着。カバー力もあり、光沢感もある。これで1200円は安い・・・!

スポンサーリンク

・オークル20を買った理由

実は、最初実家の母とモイストクリームファンデーションを分けて使いあおうと約束してたんですね。母も私もどちらかというと色白
なのでオークル10にしようかと思ったのですが、ピンクオークルの方が肌に馴染むのでは??と考え、購入。アラサーの私の肌にはピンクオークルがバッチリ馴染みました!肌の色が、血色が良く健康的に見えるところがお気に入りです^^

しかし、50代の母の肌には白すぎました(泣)
購入前に手に塗った感じは色が馴染んでたんですが、実際肌にピンクオークルを塗ると
首との色の差が目立って仕方ない^^;
やはり歳を重ねてきたことで、首の色が日焼けで黄みがかった肌色になっていまして。
母には「自然な肌色」とあるオークル20がピッタリ合いました。

そして母の手にオークル20を塗ってもらいました。向かって右側の手に塗っています。

伝わりますでしょうか?この左のシミとの差・・・!
両手とも同じくらいシミがあるのですが、効果は歴然!!塗った方の手は綺麗にシミが隠れています。

■<まとめ>モイストクリームファンデーションの色の選び方

色白の母(50代)でもモイストクリームファンデーションのピンクオークルとオークル10は白すぎました。自分のことが色白だと思っている方でも「自然な肌色」であるオークル20を選んだ方が良いかと思います。

私と母は、30代と50代と年齢差はありますが、どちらが使っても使い心地がよく、綺麗に見せてくれるファンデーションってそんなに無いのではないでしょうか?しかもプチプラですし。

この記事は、インテグレートグレイシィのモイスト クリーム ファンデーションがなかなか店頭でも在庫がなく、ネットで買う方も多いかと思い、色選びの参考になればと思い記事を書くに至りました。

これから紫外線も多く、日焼けもしてくる季節。「顔だけ白浮き」なんてことにならないように
少しだけトーンを落としたクリームファンデーションを選んでみてくださいね!

■使い方のワンポイントアドバイス

清潔に使い続けるために、小さなクリーム入れに小分けにしておくと、普段も使いやすいです。
本当に伸びが良いので、手の甲に少量だけ取って少しずつ肌に足し、伸ばしていくこと。
そうすると綺麗にできあがりますよ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする