30代のスキンケア―プチプラでも綺麗になる方法


スポンサーリンク


アラサーのカリーナです。今日は私の実践しているスキンケアについてご紹介したいと思います^^

私のスキンケアのモットーは
「肌を甘やかさない」
「プチプラでどこまで健康な肌が保てるか」
です。

20代前半までは私もニキビに悩まされていました。そんなとき、半年間美容学校で肌の基礎について学べる機会をいただきました。

美容学校で学んでからというもの肌がとても健康に!*。٩(ˊᗜˋ*)و*。
親戚や家族からも「お肌が綺麗になったね」と褒められています。

美容学校で学んだスキンケア法は、とても安い化粧品でも効果を発揮するもの
それは30代を迎えた今も変わらずに、健やかな肌を保ってくれています。

若くても歳ををとってもスキンケアの基礎は変わりません。
一度覚えたら一生使える美肌テクを

・洗顔
・スキンケア
・紫外線対策

と説明していきます!

■洗顔

用意するもの

洗顔料もしくは石けん(泡立ちの良いもの)
泡立てネット(オーガンジー素材のものや、洗顔ネットのキメが細かいものがオススメ)

ぬるま湯で顔をすすぐ

ゴシゴシしせずに柔らかなタッチで洗顔をはじめていきます。
洗顔のポイントは「皮脂を余分に取り過ぎないこと」
熱いお湯だと皮脂を取り過ぎてしまう恐れがあるので、必ずぬるま湯で洗顔していきましょう。

泡立てる

洗顔料や石けんを泡立てネットを使い、「もこもこの泡」を作っていきます。

この「もこもこ泡」の!イメージが超大切。
よく「泡で出る洗顔料」ってありますよね?あれだとまだ「もこもこ泡」とは言えません!

もこもこ泡の基準は「泡が固く、角が立つくらい」
ホイップクリームを作るような感覚で泡立てていきましょう。
よーく泡立てることで泡がきめ細かくなり、毛穴の奥の汚れまで吸い取ってくれるんです!また、皮脂を取り過ぎないことで乾燥防止にも繋がります。

洗顔は泡を乗っけるだけ

もこもこ泡を顔全体に乗っけて、およそ15秒待ちます。
そしてぬるま湯で洗い流します。

そう!洗わないんです。泡乗っけるだけで、洗顔は十分。
皮脂って天然の美容液。普通の洗顔だと取り過ぎてしまうんですよね。
私もオイリー肌なので「しっかり洗い流すことが重要」だと勝手に思い込んでいたのですが、間違っていました!ちょっと皮脂がお肌に残るくらいが洗顔の目安。

皮脂を過剰に取り過ぎていたことで、余計に肌が自分を守ろうとして皮脂分泌が多くなり、ニキビに繋がってたなんて・・・。知ったときには驚きました。

乾燥肌の人も一緒。優しく泡を乗っけることで、皮脂を奪わずに洗顔を終えることができますよ^^

スポンサーリンク

どうしても皮脂の分泌が多く気になる場合には(額や小鼻の脇)だけ
指先でくるくると優しく洗ってあげてください。

■スキンケア

用意するもの
化粧水(ハトムギ化粧水)
クリーム(ニベア)
美容液(肌悩み別に。無くても大丈夫(^^))

化粧水

化粧水をつけるときの重要ポイントは「質より量!」
どんなに高い化粧水を使っても、ケチケチ使っていてはお肌は綺麗になりません。
それなら、安い化粧水をじゃぶじゃぶつけるほうがお肌は喜びます^^
(私はハトムギ化粧水で美肌を手に入れました)

手のひらやコットンに化粧水を出します。
コットンの場合はコットンがひたひたになるくらいが理想的。

そして顔全体に化粧水をまんべんなく染みこませていきます。
ポイントは「変顔」
顔全体を動かしながら化粧水を塗ることで
お肌全体、しわの一本一本まで化粧水を浸透させることができます!

目の周りのしわを取りたいなら、目を開けたまま化粧水を塗り込んでください。2週間くらい続けたらしわが取れてきます。

こめかみからあごの下、口角、鼻の脇も忘れずに。

もちもち、しっとりするまで優しくパッティング。

美容液

お肌悩みにあった美容液を選んでください。化粧水よりは美容液にお金かけたほうが良いですよー(*^^*)
毛穴対策、しみ対策等たくさんの種類があります。お肌の部位別に悩みは異なると思うので、その場所場所にあった美容液を投入しましょう。

このときも優しく塗り込んでくださいね。
(特に気になる部位がない方は美容液の項目は飛ばしもOK)

乳液orクリーム

乳液をつける意味をよく知っておくと効果が上がります!

答えは「水分にふたをするため」
せっかく染み渡らせた化粧水もそのままにしていたら、水分が蒸発してしまいます。なので乳液やクリームで肌の上に膜を作り、化粧水を閉じ込める。
乳液、クリームにはこんな意味があったんです。

手のひら全体に乳液orクリームを取り出し、手のひら全体に広げ
顔を覆うようにして乳液を塗っていきます。

このときにお肌の観察をよくしてみてほしいです。
乾燥するとことがあれば、乳液・クリームを2度ぬり(重ねづけ)していくといいですよ(*^^*)

私は右目の周りだけなぜか乾燥するのですが
ニベアの二度塗りのみで、3日間くらいで元の肌状態に戻りました。

■紫外線対策

夏場も冬場も紫外線対策は超重要。美容液より、紫外線対策の方が大切!

理由は紫外線はシミやしわの原因になるだけでなく、残ったニキビ跡が色素沈着してまう原因にもなるから。

ニキビ跡を残したくないなら、日焼け止めは必需品。

最近は乳液にUVカットも含まれているものもあるので、それを使うと塗り忘れも防げて一石二鳥になっちゃいます!

外出前には必ずUVカットの入った化粧品や日焼け止めをお忘れなく。

<まとめ>

・洗顔は角が立つ「もこもこ泡」を乗せるだけ
・化粧水は質より量!
・乳液orクリームで水分にふた
・美容液より大切なのは紫外線対策

ここで紹介したスキンケアを1ヶ月ほど続けると、明らかにお肌の状態が変わってきます。
「美は一日にしてならず」即効性はありませんが、確実に健康な肌に生まれ変わります。ぜひ、今日から試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント