頭痛を良くする後頭部マッサージ方法!5分で頭痛がゆるやかに。


スポンサーリンク

突然頭が痛くなる、薬を飲んでも治らない…慢性の頭痛…なかなかに辛いですよね。。
うちの母がまさにそうなんですっ!なのでよくマッサージをしてあげます。

母にしたマッサージ法は
「漢方薬(東洋医学)の先生」「ハワイの伝統療法ロミロミの先生」から教わったマッサージ法を簡単にアレンジしたものです。

このマッサージは自分1人でも出来ます(*^^*)私もよく自分でマッサージしていますよ!

あなたもマッサージで頭痛をよくしてみませんか?

■頭痛はどこからきてる??

頭というのは首にある筋肉で支えられています。特に頭痛がひどいときは耳の後ろから肩にかけての筋肉ラインが凝り固まってることが多いです。実は頭痛と同時に肩が凝っているという人は連動して凝り固まり、痛みが発生してる可能性があります。

ですから首を支えている肩から首の筋肉をほぐすことが重要なんです

■マッサージで筋肉をほぐそう

<具体例>

左手で前から右肩を触ってください。「あー。肩凝ったー」みたいなポーズです。
その手を耳の後ろから肩にかけて、何回か往復して撫でてみてください。

この時にマッサージオイルやクリームを使ってさする
さらに、ほぐされ度UP!
何回もさすっているとポカポカと温まってくるかと思います(*^^*)
左側の肩も右手でさすってみてくださいね。
(※無理に何度も揉むと「揉み返し」と言って、もんだところがさらに痛くなる現象があります。なのでここでは「なでる、さする」を推奨しています

■頭痛のツボを押そう

・首の後ろのくぼみ

まずは首の根本と髪の生え際の中央、首の後ろを中央に登ったところに
へこんだところがあると思います。そこが頭痛のツボ!頭全体を抱えるようにして、両親指でプッシュしてください。

ちなみに頭痛がひどい人はこのくぼみが
パンパンに腫れてしまい、くぼみそのものが無い人もいます(うちの母がそう)
そんな時にはその辺りを充分にほぐしてください。

スポンサーリンク

・次に耳の後ろをプッシュ!

首の後ろ、真ん中にある二本の筋肉のうち、太い筋肉が頭につながるところの
左右すぐ外(天柱)を押してみましょう。
髪の生え際あたりです。耳の後ろよりさらに首に近いところですね。
天柱の横にある風池というツボも良いです(*^^*)

よく分からない時には首の後ろ、髪の生え際にそって右耳から左耳までまんべんなく揉んでいくと、全体的にちょうど頭痛のツボにあたりますよ!
香りのあるオイルやクリームを塗ってマッサージするとさらにリラックスできます。

…どうでしょうか?
重かった頭が少し軽くなっていませんか?

頭痛がやってくるより前に
自分でケアする習慣をつけておくと
頭痛が起こりにくくなったり、軽い痛さで済むようになります!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KNEIPP(クナイプ) ビオ オイル(ミニ/20ml)【RCP】楽天 通販 化…
価格:540円(税込、送料別) (2018/2/19時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする