クナイプビオオイルバーム、顔への使い方。プチプラで超保湿!


スポンサーリンク


薬局で素敵なものを見つけました。
その名はクナイプビオオイルバーム
クナイプのビオオイルのクリーム版とでもいうところでしょうか?

クナイプビオオイルの使い心地そのままに、さらに多岐にわたって使えるように改良されています。
オイルのように垂れないので部分使いに適しています。

今日はそんなクナイプビオオイルバームの使い方をご紹介していきます!

■オススメは顔への使用!


顔に乳液代わりに使っているのですがニキビが本当に出来ません!

使い方は簡単。
洗顔後、化粧水をたっぷりつけ、
その後手のひらにクナイプオイルバーム
を伸ばします。そしてプレスするように両手でお肌を包み込みます。
イメージとしては薄い膜を貼る感じ。

量はパール粒大くらいで十分!とても伸びがよく、顔にスッと馴染んでくれます。
15mgで半年くらいは使えるのでコスパ最強。

より保湿したいときは
導入液→化粧水→美容液→クナイプビオオイルバーム
の順につけると良いですよ!

※クナイプビオオイルとダブル使いの場合<乾燥がひどいとき>
洗顔→クナイプビオオイル→化粧水→クナイプビオオイルバーム
とビオオイルを導入液代わりに使うと肌の回復が早まります。

15mgと50mgが売っているのですが、
衛生面を考えると使い切りやすい15mgが適量かと思います。

※オイリー肌なのですが、クナイプオイルバームを使うようになってからニキビ無くなりました!角質層が上手に潤ったからでしょう。

※乾燥肌の友達もプレゼントしたのですが「冬の間、鼻がカサつかない!」と大喜びしてました(^^)

■お風呂でオイルパックとしても使える


洗顔後にオイルバームを塗って湯船に浸かると、蒸気の効果で角質層の奥に浸透していきます。

■クナイプオイルバームの種類

グレープフルーツ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クナイプ・ジャパン クナイプビオ オイルバーム 15g【point】
価格:540円(税込、送料別) (2018/8/4時点)

さっぱりとした柑橘系のグレープフルーツ。
柑橘系というと、光毒性が気になりますが、
こちらは光毒性の恐れのあるフラノクマリンを使用していないため、お出かけ前にもお肌に使える優れもの。(クナイプさん優しい!)
完治したキズあと、ニキビあともなめらか肌に。

朝、スッキリと目覚めたい時に最適な香りです!!

スポンサーリンク

ローズ

天然のダマスクローズの優雅な香りがします。
・ハリ、弾力をもたらします。
・乾燥によるごわつき・ハリ不足・くすみに
・肌を保護し長時間うるおいをキープします
お肌に優しくとろけていきます。お風呂あがりのゆったりしたい時にはローズが気分を落ち着かせてくれます。

どちらも肌なじみのよい植物性オイル配合。体温でとろけるように角質層の奥深くまでうるおいが浸透。ベタつきも気になりません。

■他にも使えるクナイプビオオイルバーム

・指先のかさつきに
・髪の毛をまとめるときや、毛先のバサつきになるときに
・手が乾燥してる際のハンドクリーム代わりに→お肌にすっと溶けて馴染むのですぐにベトつかなくなりますよ!
・肘のかさつきに
・膝のかさつきに
・かかとの乾燥対策に
・唇にリップとして
・ほのかに香ってくる、練り香水としても

・日中お肌が粉ふいている時に部分使い


全身に使えるクナイプビオオイルは優秀過ぎます。

私自身、オイルバームの元となったクナイプビオオイルを使用していたのですが
オイルバームが出てからはこちらをリピートするようになってしまいました!!

■携帯に便利なジャータイプです


バーム状(少し硬いスルッとしたクリーム状)なので、お泊りの際にも持ち運びしやすいんです!
オイルのようにこぼれる心配もありません。

15mgは手のひらに収まるサイズなので、ポーチの中でも邪魔になりません。
普段のお出かけにも気軽に持って行けます。


いつでも気軽に使えるクナイプビオオイルバーム。顔はもちろん様々なシーンで活躍すること間違いなし!
皆さんもぜひお手に取ってみてください。

関連記事
30代のスキンケア、プチプラでも綺麗になる方法
インナードライ肌をプチプラ化粧水で解決するコツ!
30代にオススメ!プチプラなファンデーション、ドラッグストアで買えちゃう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする